So-net無料ブログ作成
検索選択

高みを目指して [四国めぐり]

R0012187.jpg

家の畑で採れたイチゴがたくさんあったから、イチゴタルトを作ってみた。
……とりあえず、前回の更新からの間でやった事。

    -----閑話休題-----

さて、気づけば2ヶ月ほど放置してましたね……
なんだかんだで、仕事が立て込んでばっかで、
余裕が無かったのですよ (^^ゞ

んで、心機一転 リフレッシュをはかるべく
夏休みで旅に出かけてきました。

今回の目的地は、愛媛県
石鎚山登頂です!

…まあ、また四国へ行ってきたわけですが、
前の、四国研修で行けなかったので、
その未練を晴らすべくの挑戦です♪

なので、夜中に走って愛媛県入り
相変わらず細かな予定は決めてませんw

しかも、いつ行くかを決めかねていて、
思いつきで『今から行こう!』と決めて出発したため、
高速乗ったときには、財布の中身が400円とステキな状態でした (^^ゞ
最近は、コンビニATMがあって便利だねw

しかも途中、松山道の石鎚山SAにて飯を食ってるとき、
台風4号の接近を知る ( ̄д ̄;) エー!?

…まあ、ココまで来てしまったので後には引けません。
最悪、当日の天候みて適当にプランを組む事にします。

とりあえず、初日は松山市に入り観光
さすがに、夜行で走った後に山登りできるわけも無く、
この日は適当に時間を潰すことにします。

まずは研修でお世話になったところに顔を出して挨拶。
まあ、事前連絡も無しで突然行ったので、かなり驚かれましたが…

昼食に松山で有名な鍋焼きうどんの店、「ことり」に連れて行ってもらう。
ノスタルジックな雰囲気のお店で、なかなかいい感じですw

F1010020.jpg(煮込みうどん&お稲荷さん)
シンプルな煮込みうどんで、とっても美味しかったです♪
(* ̄¬ ̄)o ウマー

……うーむ、この店はノーマークだったな
店の前は、何度も通ってたのに

んで、その後西条市を目指して移動。
適当に、ビジネスホテルに宿をとり、この日は終了。
翌日に備えて、しっかり休養をとります。

でもって次の日、
目を覚ましてみると、外は小雨のパラつく天気 ( ̄д ̄) 

こりゃ、登山は無理だな~と思いつつも、せっかくなので
とりあえず、ロープウェーに乗って、中腹の石鎚神社中宮成就社まで
行くことにする。

R0012189.jpg(ロープウェー乗場前の役小角像)

ロープウェー乗場に着いたときには、雨も少し強くなり、
こりゃ完全にダメだな~と思ってたら……


R0012191.jpg(ロープウェーを降りて)

……あれ、雨降ってないぞ (・_・?)

R0012192.jpg(成就社)

至って薄曇の天気で、コレなら登れそうです。
成就社で、登山の安全をお祈りして出発することにします♪
まあ、当然雨具は持ってるし、最悪途中引き返しも覚悟で。

ちなみに、ココ石鎚山は山岳信仰の山で、この石鎚神社でも
御神山としています。なので、山に登ることも『登拝』というそうです。

R0012193.jpg(登山道へ続く門)

一応、登山届け(?)を近くの売店で記入。
まあ、遭難するような所でもないんですが、一応出せと書いてあるし、

とは言え、こういった届けを出すような登山は初なもので、
どう書けばいいものかも知らないんですよね (〃∇〃)
店のおばちゃんに聞いても、
「うちも、(登山届けの帳簿)最近作ったばっかりだしね~」
と言われる;
まあ、見よう見まねで書いておくことにします(イイノカナ~;)

ちなみに、門をくぐってからしばらくは、下り坂が続きます。
R0012194.jpg

んで、登りに変わると木の階段がかけられた道が続きます。
R0012195.jpg

天気が薄曇だったのが幸いして、それほど暑くも無く、
たまに吹き抜ける風が非常に心地よいです。

んで、しばらく行くと……
R0012196.jpg

来ましたよ、鎖場ですよ……  (o ̄ー ̄o) ムフフ
そう、今回の登山の目的が、
この鎖場を登ることです!!

石鎚山には、登山道に3箇所の鎖場があって、
絶壁を鎖をつたって登るのです。
まあ、迂回路もあって別に鎖場通らなくても頂上まで登れるのですが、
やはり、挑戦しないと面白くないでしょ!

ちなみに、3箇所の鎖場の前に『試しの鎖』があって
計4箇所となります。
と言うわけで、まず最初は『試しの鎖』挑戦です

R0012197.jpg(試しの鎖)

まあ、注意書きでこんなのがあるのですが……
R0012231.jpg

下りもあるのか……まあ、『試しの鎖』なんで試されてやりましょう!
というわけで、がつがつ登り始めます
若干足場が濡れてて、滑りやすいのが怖かったですが

R0012198.jpg(中間地点ぐらい?)

R0012199.jpg(振り返るとこんな感じ)

長さもけっこうあって、74mあるそうです(登り+下りかな)
初の鎖場って事で、テンションも上がりつつ登っていきます。

これを登りきれば、きっとステキなものがあるはず!!(意味不明;)
意気揚々と上りきると……

R0012200.jpg

頂上せまっ!
風強っ!!
ってか、怖!!!

登りきったところは狭い岩場で、思いっきり風が吹き抜けます。
さっきまで気持ちよかった風が、一転して恐怖をあおる物に 
登ってる時より怖いぞ、ココ
……色々と試されていますよ、私…; 。・゜゜・o(iДi)o・゜゜・。

まあ、確かに見晴らしは良かったですけど、なかなか怖い場所です
んで、下り側がコチラ
R0012201.jpg

……思いっきり、絶壁じゃねーか!!
確かに注意書きに書いてあったけどね……
『試しの鎖』恐るべしです……

とは言え、下らないことには何ともならないので、
覚悟を決めて、下りることにします。 (T▽T)アハハ!

まあ、恐怖心はありますが下り初めてしまえば、後は足場の問題だけ。
足場さえしっかり確保して進んでいけば、イケるもんですよ。
……まあ最後の部分は、鎖がなくなってて飛び降りましたが;

とは言え、下りは鎖場使うもんではないですね……
まあ、無事『試しの鎖』を制覇し、休憩所(写真で下にある青い建物)にて
一休みします。サスガニツカレタヨ……

さて、ある程度回復したところで再び山頂を目指します。
途中振り返ると、さっき登った『試しの鎖』が見えました
R0012202.jpg(真中に見える岩場)

さて、さらにズンダカポコテン進むと、木々の開けた所に出ます。
R0012203.jpg

ここが『夜明峠』と呼ばれるところで、山の両側の景色が見晴らせる絶景ポイント♪

R0012205.jpg(瀬戸内側を望む)

遠くに瀬戸内海も見え、なかなかの景色です。
名前にあるように、ここでの夜明けの景色は絶景なんだろうな~
雲は多かったけど、曇ってなかったら暑さでさらにバテてたんだろうな;;

ちなみに、ココまででで約2/3程度進んだ事になります。

R0012206.jpg

さて、良い景色を見て、気分を良くして進んでいくと、
『一の鎖』に到着します。

R0012209.jpg(一の鎖)

『一の鎖』は33mってことで、距離もそれほど長くなく、
足場も取りやすいので登りやすいです。
……下手に『試しの鎖』に挑戦するより、こっちで試したほうが
よっぽどいい気がします……

無事、『一の鎖』もクリアして、さらに進みます。

R0012212.jpg

登山道の途中には、所々小屋があるので、適度に休憩しながら進む。
普段の運動不足がたたって、この辺りで結構バテてきてます。

そして、『二の鎖』到着。

R0012213.jpg(二の鎖 何故か鳥居付き)

『二の鎖』は65mと長め、傾斜,足場の悪さも『一の鎖』より難易度は上がってます。
とりあえず、しっかり休憩して息を整え挑戦。
下から見上げた感じは、短く見えるんですが、
途中カーブしてるので、やっぱり長いです;

R0012215.jpg(振り返り、下を見る)

鎖を登る途中、かなり息を切らしながらも、『二の鎖』クリア♪
これで、残すは『三の鎖』のみです!

まあ、山道&鎖場でやっぱり疲れが出てきてるわけですが、
少し進むと……
R0012216.jpg(三の鎖への案内)

……『二の鎖』から『三の鎖』まで近いよ ( ̄Д ̄;;
とは言え、ここまで来たからには完全制覇を目指します!

案内どおり進むと、

R0012217.jpg(奥に見えるのが三の鎖)

……『三の鎖』の前に、すでに鎖がかけてあるんだけど;
さすが、最終関門って所でしょうか。

さて、『三の鎖』の元に到着。一休みして体力を回復させます。

R0012219.jpg(三の鎖)

いや~、今まで以上に絶壁だね (*^.^*)
しかも、距離も67mと長いです。
……って『試しの鎖』が一番長いんじゃねーか!!

とは言え、傾斜と足場の感じは、
間違いなく『三の鎖』が1番の難易度の場所ですね。
『試しの鎖』は足場は確保しやすかったし。
『二の鎖』でもあったけど、ココは鎖しか頼る物が無く登るポイントが多そうです。

そして、そうこうしているうちに雲も上がってきました

R0012221.jpg
こりゃ、早めに登らんと周り見えなくなりそうだな……

しっかり休憩して上り始めたのですが、やっぱキツイ!
さすがの最終関門です。
鎖に足をかけるしかなかったり、歩幅を調整しつつ、
足をかけていかないと動けなくなりそうです。
途中一息つけるポイントも少ないし……

R0012220.jpg(かなりの急勾配)

かなり息を切らしつつ、2/3ほど登ったところで……
「足つったーーー!!!」 Σ(T▽T;)

「ちょっ、シャレにならねーって!」  アワアワ(((゜◇゜; );゜◇゜))) アワアワ 

なんとか、近場で体を固定して足を無理矢理伸ばす、
幸い、つったのはなんとか直ったのですが……

「…… えーっと…どーすっかなコレ……」 (・_・;

そのまま、少し体を休めつつ考える。
途中リタイア出来る場所は無し。
再発する可能性大の状態で、残り1/3を登るか……
それとも、2/3下るか……

「まあ、こうしてても解決しないし、行くしか無いよね (o^-T)b 」

どうせ移動するなら、距離の短いほうって事で、残りを登り始める。
極力つった右足の負荷が軽くなるよう、足場を慎重に選んで…

そんなステキアクシデントもありつつも、
なんとか『三の鎖』クリア!!

そして、石鎚山 登頂です!

R0012226.jpg

ちなみに、山頂には石鎚神社の頂上社があり、
『三の鎖』を上りきると、この頂上社の裏手に出ます。

鎖を登りきった先に社があるのは、なんだか感慨深いものがあります…

まあ、ほんとの最高峰は『天狗岳』で、もうちょっと先なんだけどねw
R0012223.jpg(奥に見えるのが天狗岳)

『頂上社』から『天狗岳』までは、狭い岩場の道を進む必要があり、
また場所も狭いのです。

休憩しつつ雲の晴れるのを待って、『天狗岳』に行こうかと思ったのですが、
今回は断念。
上の写真を撮った後、雲で真っ白になって全然見えなくなっちゃったし……

『頂上社』には山小屋もあるので、しっかり休憩を取ります。
時刻も、もうすぐお昼となる時間……

……昼飯もってくるの忘れてた…… orz

まあ、山小屋に食堂もあったのですが、なんか食べる気にならず
しっかり休憩だけとって下山することにします。

頂上からの眺めが楽しめなかったのは残念ですが、
一番の目的である、鎖場制覇はできたので良しとします♪
雲があがってるから雨降り出したら厄介だしね~

下りは当然、すべて迂回路を通って下ります。
……下りの鎖場は、『試しの鎖』だけで十分です。

R0012227.jpg(三の鎖迂回路)

そんなわけで、下りはけっこうスイスイと進んでいきます。
無事、雨に降られることも無く『成就社』に到着。
何気に、最初の下り坂が帰り道では一番の難関でした;

そんな感じで、みっしょんこんぷりーと。
無事石鎚山登山完了です O(≧▽≦)O ワーイ♪

これで研修時の遣り残しも1つ消化したわけですよ。
鎖場登りは、いい経験になったね~
……日ごろの運動不足を痛感しました;;

まあ、やっておいて言うのもなんですが、
鎖場挑戦は勢いだけでするもんぢゃないですね~
下手すりゃ命にかかわりますよ、ホント。

 でもって、西条市を後にし、次の目的地に向かう事とします。

次のお話は、また次回ということでw


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

あやすぃ~加工屋さん

こんにちは^^ノ
お元気そうでなによりでした^^
お会いした翌日は、天気が良くなかったので心配していましたが、無事頂上まで登れたんですね。
良かったですね^^
自分は、地元ですが未だに頂上まで行った事ないです><
2輪で週2回は、土小屋まで行ってましたがw
そのうち・・・・(いつ?w  挑戦してみようかな・・・・(多分・・・
また近くに来た時は、寄ってくださいね。
by あやすぃ~加工屋さん (2010-08-13 13:50) 

まろ

>>あやすぃ~加工屋さん
 こんにちは、お世話になりました。
 朝起きたときは諦めてたんですけどね。
 なんとか頂上まで行くことができて良かったです♪
 まあ、鎖場さえ通らなければいい登山道ですよ
 試すなら『一の鎖』がオススメですw
 では、またそちらに行った時はよろしくです
by まろ (2010-08-16 23:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。